リスコミニュース
メディア情報

食品化学新聞 2022年1月6日号に、山崎理事長の記事が掲載されました。
≪新春インタビュー2022≫
▽NPO食の安全と安心を科学する会(SFSS) 理事長 山崎毅氏
『各自のリスクリテラシー向上が課題』
食品化学新聞 2022.1.6
http://www.nposfss.com/cat6/foodchemicalnews
_2022_0106.html

山崎理事長の論説記事が『月刊フードケミカル10月号』に掲載されました。
・山崎毅(2021) 月刊フードケミカル 2021年10月号 p77~p81
「保存料をめぐるリスクコミュニケーション」
<月刊フードケミカル 2021年10月号>
http://www.nposfss.com/cat6/foodchemical_2021
_10.html

消費と生活 361号 (2021年09月01日発売) にSFSS「食の安全と安心フォーラム第21回」の 取材記事が掲載されました
・〈グラビア〉
食物アレルギーのリスク低減策を目指して
 ~消費と生活 361号 (2021年09月01日発売) ~
http://www.nposfss.com/cat6/syohi_202109.html

新刊書籍『みんなで考えるトリチウム水問題』(小島正美 編著;エネルギーフォーラム刊)に 山崎理事長が一部執筆しました。
福島原発において海洋放出が決定された「トリチウム水」:いわゆる「処理水」の問題について ジャーナリスト(元毎日新聞編集委員)の小島正美さんが
新刊書籍を出版されましたので、ご案内します:
・『みんなで考えるトリチウム水問題』(小島正美 編著)
エネルギーフォーラム社 刊
なお、SFSS山崎も、第3章「海洋放出をめぐるリスクコミュニケーション」の後半部分を執筆担当し、SFSSで開発したスマート・リスクコミュニケーションをご紹介しておりますので、ご一読いただけますと幸いです。
http://www.nposfss.com/cat6/tritiated_water.html

メディア情報一覧を見る
ニュース

『メディアリテラシー ~吟味思考(クリティカルシンキング)を育む~』
坂本 旬 / 山脇 岳志 編著
時事通信出版局 刊
アカデミアとジャーナリズムの専門家が執筆
理論と実践をカバーするメディアリテラシー入門決定版! 教育者、学生、メディア関係者必見! !

◎食生活ジャーナリストの会(JFJ)が、2021年「食の十大ニュース」を発表しました。
食をテーマに情報発信している記者、編集者からなる「食生活ジャーナリストの会」(畑中三応子代表幹事、会員数約150人)は12月17日、「2021年食の十大ニュース」をまとめ、公表しました。

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2021
『withコロナの安全・安心につながるリスコミとは』
第4回テーマ:『惣菜の衛生管理に関するリスクコミュニケーション』(10/31)開催速報

【開催日程】2021年10月31日(日)13:00~17:50
【開催場所】オンライン会議(Zoom)
【主催】NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)
【後援】消費者庁、東京大学大学院農学生命科学研究科
【協賛】株式会社セブン-イレブン・ジャパン、日本生活協同組合連合会、日清食品ホールディングス株式会社、サラヤ株式会社

ニュース一覧を見る
Twitter
活動報告

食の安全と安心フォーラム第20回~SFSS創立10周年記念~ 活動報告 『食品ロス削減&SDGs』
開催日時:2021年2月21日(日)
<講演会>13:00~18:00 <懇親会>18:30~20:00
開催場所:オンライン会議(Zoom)
主催:NNPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援:消費者庁、徳島県、東京大学大学院農学生命科学研究科
協賛:日本生活協同組合連合会、一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ、東京サラヤ株式会社
対象・定員:食品関連行政、食品事業者、マスメディア、市民団体、アカデミアなど 定員:150名
参加費:講演会/懇親会 3,000円
*SFSS会員、後援団体、協賛社(口数次第)、メディア(媒体名で参加)は参加費無料

活動報告一覧へ

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2020(4回シリーズ)活動報告
【テーマ】『消費者市民のリスクリテラシー向上を目指したリスコミとは』

【開催日程】
 第1回 2020 年6月28日(日)13:00~17:50
 第2回 2020年8月30日(日)13:00~17:50
 第3回 2020年9月26日(土)13:00~17:50
 第4回 2020年10月25日(日)13:00~17:50
【開催場所】オンライン会議(Google Meet)

活動報告一覧へ

食の安全と安心フォーラム第19回(7/26)活動報告
『飲食業にとっての新型コロナ時代のリスク低減策
~食品衛生ならびに法規制上のリスクにどう対処する~』

開催日時:2020年7月26日(日) <講演会>13:00~17:50
開催場所:オンライン会議(Google Meet)~新型コロナ対応のため~
主催:NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援:東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター、(株)フードサポート
協賛:東京サラヤ株式会社、一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ
対象・定員:食品関連行政、食品事業者、マスメディア、市民団体、アカデミアなど 定員:80名
参加費:講演会:3,000円
*SFSS会員、後援団体、メディア関係者(取材の場合)は講演会参加費が無料

活動報告一覧へ

活動報告一覧を見る
活動予定

食の安全と安心フォーラム第22回(ハイブリッド)
『いまなぜファクトチェックなのか ~食のリスクにかかわる誤情報に立ち向かうために~』

開催日時:2022年2月20日(日)
<講演会>14:00~17:00
開催場所:東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール
*Zoomでも配信(参加登録者・SFSS会員にはアーカイブ動画も配信)
*なお、コロナの感染状況により東大会場が使用不可の場合、Zoom開催のみとなります。
主催:NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)

活動予定一覧を見る
更新履歴