活動予定
ニュース

食の安全と安心フォーラム第14回『徹底討論!食品ロス』​ 開催速報
■開催日時:2018年1月21日(日)13:30~17:50
■開催場所:東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール
■主 催:NPO食の安全と安心を科学する会(SFSS)
■参加費:無料

 ニュース一覧へ

【HACCP関連セミナー(2/3)】のご案内
一般消費者からみたHACCPおよび食品偽装についての二連講演です。
主催:一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ
<日時> 2018年2月3日(土曜日)11:20~15:00(11:00と13:00に3階に受付を設置します)

 ニュース一覧へ

【1/13 東京開催】食品防御セミナーのご案内
タイトル:食品防御を改めて考え直す
主催:一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ
一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズでは、 監視カメラなどのハードに傾斜しない食品防御の構築の必要性を訴え続けていますが、 その趣旨に沿った内容で代表理事 広田鉄磨 が講演を行います。

 ニュース一覧へ

メディア情報

「週刊SPA!」2017年12月19日号に、山崎理事長の取材記事が掲載されました。
http://www.nposfss.com/cat6/spa20171219.html

食品化学新聞 2017年12月7日号のリスクコミュニケーション連載(くらしとバイオプラザ21監修)に 山崎理事長の記事「豊洲/築地市場、どちらの食が安全?」が掲載されました。
http://www.nposfss.com/cat6/foodchemicalnews
171207.html

月刊HACCP Vol.23(2017年12月号)に、 食のリスクコミュニケーション・フォーラム2017​​(第4回:10/22)の​活動レポートを掲載いただきました。
http://www.nposfss.com/cat6/haccp_vol23.html

産経新聞のO157関連記事に、山崎理事長のコメントが掲載されました(10/3)
http://www.nposfss.com/cat6/sankei_o157_1003.
html

週刊現代 10/7号
O157による食中毒事故に関して山崎理事長が取材を受けました。
http://www.nposfss.com/cat6/weekly_gendai_
1007.html

NHK NEWS WEB(9/14)
O157による食中毒事故に関して山崎理事長がNHKの取材を受けました。
http://www.nposfss.com/cat6/nhk_news_web_
0914.html

東京新聞 8/31(木)朝刊
豊洲市場移転問題に関して山崎理事長がコメントをしました。
http://www.nposfss.com/cat6/tokyo_shinbun_
20170831.html

日経エコロジー9月号に山崎理事長の対談記事が掲載されました。
http://www.nposfss.com/cat6/nikkei_eco_
201709.html


メディア情報一覧を見る
ツイッター
活動報告

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2017(4回シリーズ)活動報告
【テーマ】『市民の食の安全・安心につながるリスコミとは』
【開催日程】
 第1回 2017年4月23日(日)13:00~17:50
 第2回 2017年6月25日(日)13:00~17:50
 第3回 2017年8月27日(日)13:00~17:50
 第4回 2017年10月22日(日)13:00~17:50
【開催場所】東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール

活動報告一覧へ

食肉情報等普及・啓発事業 『お肉のトーク2017』 活動報告
~食べて学ぼう!食肉の安全と効用~
日時:平成29年11月11日(土)10時~13時
会場:関西テレビ扇町 スクエア・インタラクティブエリア(大阪市北区扇町2-1-7)
主催:NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援:公益社団法人日本食肉協議会、共催:ラジオ大阪
参加費:無料

 活動報告一覧へ

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2017 第3回:『放射線被ばくのリスクを議論する』(8/27)-活動報告
【テーマ】『市民の食の安全・安心につながるリスコミとは』
【開催日程】2017年8月27日(日)13:00~17:50
【開催場所】東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール
【主催】NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)
【後援】消費者庁、東京大学大学院農学生命科学研究科附属食の安全研究センター、一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ
【参加費】3,000円/回*SFSS会員、後援団体(団体あたり先着5名まで)、メディア関係者は参加費無料

 活動報告一覧へ

更新履歴