concept001 concept002
concept003 concept004
concept005 concept006
活動予定
ニュース

【SFSS会員限定】新型コロナ勉強会Ⅱ(10/7、オンライン)のご案内
【開催日】2021年10月7日(木)
<勉強会>15:00~17:30
<会員交流会>17:30~18:30
【開催場所】勉強会&交流会をオンライン開催(Zoom)
東京大学農学部フードサイエンス棟405-1 SFSS事務局よりライブ配信予定

 ニュース一覧へ

◎ATP・迅速検査研究会 第44回定例講演会(会場聴講&WEBライブ聴講)のご案内
「公衆衛生・食品衛生で活躍する迅速検査と次亜塩素酸水」

【開催日時】2021年9月28日(火) 13:00~16:45
【会場】食情報館(東京都中央区八丁堀2-14-4ヤブ原ビル、日本食糧新聞社6階ホール)
【定員】会場50名 WEB(ZOOM)視聴定員100名
【受講費】賛助会員企業・法人会員企業1,000 円、一般3,000 円(※要事前登録)

 ニュース一覧へ

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2021
『withコロナの安全・安心につながるリスコミとは』
第3回テーマ:『学校給食のリスコミのあり方』(8/29)開催速報

【開催日程】2021年8月29日(日)13:00~17:50
【開催場所】オンライン会議(Zoom)
【主催】NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)
【後援】消費者庁、東京大学大学院農学生命科学研究科
【協賛】日本生活協同組合連合会 、サラヤ株式会社

 ニュース一覧へ

メディア情報

消費と生活 361号 (2021年09月01日発売) にSFSS「食の安全と安心フォーラム第21回」の 取材記事が掲載されました
・〈グラビア〉
食物アレルギーのリスク低減策を目指して
 ~消費と生活 361号 (2021年09月01日発売) ~
http://www.nposfss.com/cat6/syohi_202109.html

新刊書籍『みんなで考えるトリチウム水問題』(小島正美 編著;エネルギーフォーラム刊)に 山崎理事長が一部執筆しました。
福島原発において海洋放出が決定された「トリチウム水」:いわゆる「処理水」の問題について ジャーナリスト(元毎日新聞編集委員)の小島正美さんが
新刊書籍を出版されましたので、ご案内します:
・『みんなで考えるトリチウム水問題』(小島正美 編著)
エネルギーフォーラム社 刊
なお、SFSS山崎も、第3章「海洋放出をめぐるリスクコミュニケーション」の後半部分を執筆担当し、SFSSで開発したスマート・リスクコミュニケーションをご紹介しておりますので、ご一読いただけますと幸いです。
http://www.nposfss.com/cat6/tritiated_water.html

福島原発事故後10年、リスコミに関する寄稿記事が共同通信社から配信されました。
・【東日本大震災10年】食の安全、安心 福島の教訓~試されるリスク情報授受
NPO法人山崎毅理事長(リスク学者) 静岡新聞 2021.3.11.夕刊
・【原発事故10年とリスク情報周知】食の安全安心 理解から
寄稿:NPO法人理事長 山崎 毅 熊本日日新聞 2021.3.14.
・【福島事故10年3.11】「食の安心」リスク情報を~「将来的な危うさ」評価 冷静な判断へ周知必要~
NPO法人「食の安全と安心を科学する会」山崎毅理事長 寄稿 愛媛新聞 2021.3.19.
・【食の「安全・安心」冷静に】福島第一原発事故後 リスクの正確な理解を
NPO法人「食の安全と安心を科学する会」山崎毅理事長 寄稿 信濃毎日新聞 2021.2.22.
・【食と震災10年】「安全・安心」は理解から~リスク情報で冷静な判断を~
山崎毅さん寄稿 埼玉新聞 2021.3.23.
・【食と震災10年】「安全・安心」は理解から~リスク情報で冷静な判断を~
寄稿 山崎毅 下野新聞 2021.3.24.
http://www.nposfss.com/cat6/fukushima10y.html

『食品と科学』2021年3月号にSFSS正会員:関健二氏の特集記事が掲載されました
◎食品と科学(食品と科学社)
特集:ウィズコロナ時代を行く②
『新型コロナウイルスのリスクコミュニケーション ~感染と人の摩擦を減らす~』
フーズラベリング&コミュニケーションズ 関 健二
http://www.nposfss.com/cat6/foodscience202103.
html

月刊日本教育 令和3年1月号に山崎理事長の記事が掲載されました
◎月刊日本教育(公益社団法人日本教育会)
新春特集「日本の将来を語る」
『科学的エビデンスに基づいたリスク教育を』
NPO法人食の安全と安心を科学する会 理事長 山崎 毅
http://www.nposfss.com/cat6/nihonkyouiku_2101
.html

『栄養と料理』2020年8月号に山崎理事長の監修した記事が掲載されました
◎『栄養と料理』2020年8月号
<特集>更年期とコレステロール
悪玉コレステロールを下げる食品の選び方
【監修】山﨑 毅(NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS) 理事長)
<栄養と料理 2020年8月号> ~女子栄養大学出版部~
http://www.nposfss.com/cat6/eiyo202003.html

『JAFAN』VOL.39 に山崎理事長の報文が掲載されました
◎『JAFAN』VOL.39
消費者にやさしいリスクコミュニケーションのコツ
~「食の安心」を利用したマーケティングの弊害~
山﨑 毅(NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)理事長)
http://www.nposfss.com/cat6/jafan_39.html

衛生の友(vol.70)2020.2月号に山崎理事長の記事が掲載されました。
◎『衛生の友』(vol.70)2020.2月号
Keyperson
リスクとは「将来の危うさ加減」~いま危険という意味ではない~
山﨑 毅(NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS) 理事長)
http://www.nposfss.com/cat6/saraya2020_2.
html


メディア情報一覧を見る
ツイッター
活動報告

食の安全と安心フォーラム第20回~SFSS創立10周年記念~ 活動報告 『食品ロス削減&SDGs』
開催日時:2021年2月21日(日)
<講演会>13:00~18:00 <懇親会>18:30~20:00
開催場所:オンライン会議(Zoom)
主催:NNPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援:消費者庁、徳島県、東京大学大学院農学生命科学研究科
協賛:日本生活協同組合連合会、一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ、東京サラヤ株式会社
対象・定員:食品関連行政、食品事業者、マスメディア、市民団体、アカデミアなど 定員:150名
参加費:講演会/懇親会 3,000円
*SFSS会員、後援団体、協賛社(口数次第)、メディア(媒体名で参加)は参加費無料

活動報告一覧へ

食のリスクコミュニケーション・フォーラム2020(4回シリーズ)活動報告
【テーマ】『消費者市民のリスクリテラシー向上を目指したリスコミとは』

【開催日程】
 第1回 2020 年6月28日(日)13:00~17:50
 第2回 2020年8月30日(日)13:00~17:50
 第3回 2020年9月26日(土)13:00~17:50
 第4回 2020年10月25日(日)13:00~17:50
【開催場所】オンライン会議(Google Meet)

活動報告一覧へ

食の安全と安心フォーラム第19回(7/26)活動報告
『飲食業にとっての新型コロナ時代のリスク低減策
~食品衛生ならびに法規制上のリスクにどう対処する~』

開催日時:2020年7月26日(日) <講演会>13:00~17:50
開催場所:オンライン会議(Google Meet)~新型コロナ対応のため~
主催:NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援:東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター、(株)フードサポート
協賛:東京サラヤ株式会社、一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ
対象・定員:食品関連行政、食品事業者、マスメディア、市民団体、アカデミアなど 定員:80名
参加費:講演会:3,000円
*SFSS会員、後援団体、メディア関係者(取材の場合)は講演会参加費が無料

活動報告一覧へ

更新履歴